×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

すみませんm(_ _;)m
間に合いませんでした。今日は力尽きました。・・・
続きは必ずやりますので、もうしばし、お時間を下さい。
とりあえず出来たところまでをアップしておきます。


MG FREEDOM  詳細

MG製作記が、あまりにも砕けすぎた日本語で構成されているため、なるべく丁寧な日本語で・・・と思ったら
挫折しました。あれは、もともと日記だし・・・と言うことで、考え方を方向転換。
僕の知る限り最大手wonder excellenceさんのサイトを参考に構成しました(無断リンクすみませんm(_ _;)m)


『MGフリーダムをPGスタイルに・・・。』

出来の良いMGフリーダムを、コンペに見合う様
手を入れました。
基本的なデザインはSCYTHEさんにしていただいています。
ありがとうございますm(_ _;)m
完全に再現できなかったのは心残りですが、
今まで作った模型の中でも一番思い入れのある作品に
なったと思います。














改修点

頭部・・・僕の嗜好に合う様改修。
      額の赤いパーツを大型化
     頭部を3等分に多少小型化
     ツインアイの作り直し、灰色パーツの大型化
     口パーツの多少の削りこみ。

胴体部・・・青と紺のパーツの嵌るフレームを楔上に
       幅詰め。股軸を前方斜め下へ。
       リアアーマーが後ろに大きく開くよう切り欠きを大きく。
       フロントアーマー大型化。
      軸と首を弄ったころにより、S字立ちが出来るように。
       各所ディティールを入れてあります。
      
腕部・・・基本的にキットのまま。
      プラ板にてディティールを入れています。
      2の腕と前腕は中央面で分割。
      その後ディティールを入れています。
      肩は上面はディティールのところでカット。
      下半分はプラ板にてモールドを入れてあります。

脚部・・・基本的には足首フレームを3ミリ延長しています。
      それ以外はノーマル。
      腿は前方にのみプラ板でディティール入。
      それ以外の箇所は筋彫り。
      足首アーマーは前方を切り取り、プラ板で接続。
      足の甲はパテ。
      特徴のあるふくらはぎはキットベースでエポパテ製。
     

羽部・・・基本的にはノーマル。
     筋彫り、プラ板にてデティール入れ。

武器・・・基本的ノーマル。プラ板にてデティール入れ。
     
     腰横の武器も同様。


 基本的には、ほとんどプラ板を使用しています。
当初は筋彫りで・・・と思ってたのですが、あまりにもあっさりしている為、
プラ板にて凹凸をつけることにより、情報量を増やしています。

一番の問題は、精度でした。
僕は横着なモデラーなので、どうするか考えました。
結果、精度がだせないなら、制度のあるものを使えば良い、
と言う結論に。








(今回使用した道具)・・・・・・・エバーグリーン社製プラ板(スリット・細切り)
                  タミヤ製プラ板
                  彫刻刀
                エポパテ(タミヤ製・ウェーブ製)     




HEAD

かなり手が入ってます。
縦3等分。各1ミリ幅詰め後、再接着。
ひさしをパテで角度修正、目付きを悪く。
ツインアイをプラ板にて作り直し。






各部削り込みで小さめに。
グレーの頬当てを大型化。
口のパーツを若干下へ削り込み。
額の赤いパーツを大型化。
ヘルメットとフェイスの角度を変更してあります。
僕的には理想的な顔になったと思いますがいかがでしょう?

首はは1.5ミリ延長。
その際に下に向けるよう、フェイス裏のパーツの削りこみを行っています。
襟パーツを上に大型化。
(参考)




BODY


胸の中央部のパーツをエポパテで大型化。
胸周りのモールド追加。

紺と青のパーツを楔上に幅詰め。

モールドはプラ板の貼りこみ、ナイフでの切り欠きで構成。
一部、切り離し。
彫刻等によるモールド追加等。
(参考)クリックで画面が大きくなります。

右の写真が一番わかりやすいと思います。
もっと色分けしておけば、目立ったんですけど、
フリーダムっぽくないので却下しました^^;









ARMS

腕は、中央面で切り離し、
その面にプラ板等でモールド追加、
その真鍮線にて固定。(2の腕のみ)

前腕は接着。

両サイドは、プラ板接着・彫刻等による彫り込みによる凹凸の
追加。
肩部はキットの構造を活かし、3分割。
上面が2パーツ、下の面はプラ板貼り込みに寄る凹凸になってます。
ただ貼るだけでなく、境界線にエッチングのこによる筋彫りを追加。


上面は写真の位置で分割後、肩軸寄り側にプラ板を張りこんで整形しています。

その他、見える範囲で凹凸つけてます。

WAIST and  FRONT ARMER

面倒なことに、完全に面を全部一回分割した後に、エポパテを中心に再構成しました。
SCYTHEさんの画稿が元と全然違うため、キットのパーツを削り込み、無い部分はエポパテで
作ってます。

フロントアーマーも一回、単純なラインで分割し、プラ板にて囲い込みました。
『(参考)』を参考にしていただけるとわかりやすいと思います。

フレーム部分も削り込んでRをつけています。
裏も写真を撮ってませんが、珍しく作りこんでます(汗

(参考)

基本的なプロポーションの補足


赤ライン・・・胴体の説明の補足ですが、上のラインが元のパーツのラインで、このくらい角度を削り込んでいます。(たぶん・汗)

同時に、青の楕円の部分を削り込み、前傾姿勢が取れるようにしています。

赤の楕円、股軸を切り取って、最接着。
若干、前に移動しています。

このような感じで再構成。
フロントセンターアーマーはほとんど原形をとどめていません^^;

固定は、腰フレームにメンタムを塗って、エポパテ押し付けによります。

REG

ここは簡単です。
前面にプラ板を貼り、
左のみ合わせ目を消さなければ再現できます。

灰色の小さい凸は細切りプラ板です。

ついでに・・・
腰横の白い部分も細切りプラ板をつなげて
凸モールドをつけています。

凸モールドの基本はそれです。
つなげておいて、後は合わせ目処理です。
隙間はパテ類で埋め合わせ。

こっちは逆に厄介です^^;
膝はモールドを彫っただけですので問題ないですが、脹脛の面はエポパテを持って後はひたすら削り込んでいます。

パーツを突き抜けてしまうので、後にパテ類で
修正します。取り付けピンが取れてしまいますので、先に裏からエポパテを盛っておいて削り込みます。
忘れてましたが、その前に、上下2等分してました(汗


脛は彫りと適当なHGの手の甲を使って再現しています。

アキレス腱の装甲は、装甲を上下2等分したものをさらに左右に2つに分け、エポパテを使って浮かせています。

足首アーマーは、上の工作によって入らなくなるので、適当な大きさのプラ板を接続にして、ついでにそれをモールドに見えるよう工作してあります。


足(青部)は、左右の面をプラ板にてモールド追加、足の甲をパテ裏打ちから削り込みで対応。

(参考)

WING

基本的な構造はまるで弄っていません。
青い部分には筋彫り、紺の部分には筋彫り+細切り等による凸モールドを追加してあります。

(参考)




WEAPONS

ライフルです。もう、見ていただければわかるかと^^;
こちらも基本構造は弄らず、筋彫り等の追加になってます。
ちなみに、一番後ろ端の、見づらい『点』部分は、
真鍮線を通してます。(意味は無い)
こちらも基本構造変わらず。(手抜き?^^;)
プラ板による凸モールド追加。
筋彫りによる凹モールド追加。
先端をプラスパイプマックス(S)に変更。
僕の砲のイメージは『角<丸』のイメージがあるため。
ちなみに、写真撮る時も砲身が見えたほうがどこを狙っているのかがわかりやすい。



と言うわけでまとめてみましたが、いかがでしょうか?
わからないこと等がありましたら、いつでもBBSへどうぞ^^

また、今日の工作も『まとめ』を設け、『まとめ』はシンプルにして
変換しやすいようにしていきます。


それ以外は、重要な話ではないので^^;(基本的に愚痴・笑い)