×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


MSZ-010 ZZ Gundam 製作記はこちらっ!



と言うワケで、非常に延び延びになっていましたがZZガンダムです^^
個人的には凄く思い入れのあるMSです。
なぜなら・・・『ZZ』が僕がリアルタイムで見た初めてのガンダムだったんですから・・・(笑←たぶん小6
『Z』もチラチラッと見ていたのですが、話が難解すぎて全く理解できず・・・^^;
ゼータが登場した辺りで『おぉ〜』と思ったくらいですかね(^_^;A←そもそもロボにしか興味ない^^;

『ZZ』は散々な言われ様の作品ですが(苦笑)、子供心に非常に楽しい作品で、毎週楽しみに見ていたなぁ〜・・・と。
僕でも見れる様な作品だったのは、もちろん当時のファンからしてみれば賛否両論あったのでしょうけども、
新規層開拓と言う意味では僕が見れたので達成できてたんじゃないかなぁ〜と^^;

富野監督の作風の幅広さに改めて驚かされるばかりです^^





そしてその主役機ZZですね。
元になった78、ブラッシュアップしたマーク2・・・と続いて変形するZ。

その続編だから『合体変形!』と言う分かりやすい進化(笑
でもソレがまた子供心にヒットしてます(大笑

当時はホラ、子供ですから1/100なんて買えませんから・・・。
なんとか1/144で変形させられないものだろうか・・・とよく考えたものです(←当然完成するわけがないw

結局1/100を買ったのですが(お年玉かな〜?)、あの出来の1/100のキットでも当時は本当に嬉しかったんですよ〜^^

それが今や!(゚o゚;
ついに差し替え変形とは言え、1/144で綺麗に変形して、両形態素晴らしいスタイルの
キットが出るんですから・・・(旧HGも凄かったけど^^;)

テンションが上がらないわけないですよねぇ〜^^




HGUCシリーズとしては普及点の出来でしたが、どうも僕のイメージしているモノとちょっと開きがある・・・。
と言う事で、変形は諦め、プロポーションを変更。
そして各部の形状を『マスターピース版』を参考にディテールを加えて作ってみました。




久しぶりに結構弄った作品なので、詳しくは製作記を見て頂きたいのですが^^;

プロポーションとしては、太もも2ミリ延長、胴延長&絞り込み、フェイスを0ガンダムのモノに変更・・・と言った感じでしょうか?
フェイスが0ガンダムなのは、ZZって基本的に『78』顔なんじゃないかな〜?・・・と思いまして。
結構に合っていると思うんですけど、如何でしょうか?

各部の形状の変更は・・・自分で言うのも何ですが、結構やってますねぇ〜・・・(^_^;A
とても僕がやったとは思えない程の工作量・・・(^_^;A
少し反省しました・・・(苦笑

ライフルも本体に合わせて相当シェイプアップ。
横幅を抑え、形状はこれまたマスターピース版を参考にしています。



各部の形状の変更はプラ板を基準として、表に出ない部分はエポパテをメインで使っています。

塗装はオーソドックスにトリコロール。

白・・・クールホワイト(C)
青・・・コバルトブルー(C)+ホワイト(C)+蛍光ピンク(G)+純色シアン(C)
赤・・・シャアピンク(GC)
黄色・・・黄燈色(G)
グレー・・・ニュートラルグレー4(G)+ホワイト少量

バックパック・・・スーパーディープブルー

デカールはヴェルテクスデカール、版権部分はガンダムデカールを色々試して貼っています。









アップにすると色々見えすぎて何かと恥ずかしいですが・・・(^_^;A

でも思い入れのあるZZ、しかもココまで手を入れて作ることも珍しいので、
しっかり最後まで決着が付けられて凄く満足です^^

なかなか思い入れのある作品です^^

あ、あと宇都宮メンバーでガンダムチームが再現できたのも非常に嬉しい思い出です^^
お陰様で完成できたので、非常に感謝しています^^



-シンたろーの模型製作記Ver.5.5-