MSM-07 Z'Gok 製作記はこちらっ!




新製品でもなんでもないですが、唐突にズゴックです(笑
宇都宮のイエサブのコンテストで『水モノ一杯集めてみよう』と言う仲間内の企画で出番となりました^^;
シャア専用ズゴックをUC登場版で塗ってみました。




シリーズ1年目に出たHGUC版のズゴックですが、人型でない為か、プロポーションは今見ても秀逸。
色褪せない素晴らしい体型だと思います^^

でも流石に古いキットだけあって、若干モールドがダルい部分があったので、その辺を中心に処理し、
スッキリした仕上げを目指してみました。

まぁやったことと言えば念入りに整面処理したのと、若干のエッジのシャープ化、
スジ彫り彫り直し程度ですけど。
まぁ、今のバンダイさんの新キットに比べると、やり応えはなかなかありましたけどね・・・(^_^;A



本当に感心するほどに『まさしくズゴック』と言う完成度^^
古いキットは『古っぽく』見えるものですが、本当に色あせない。
たぶんもう10年経っても評価は変わらないでしょう^^




意外と前後厚が薄いw
意外な発見(笑

今回は非常に色合いに迷いました^^;
キットもないので指定色も特に無いので、自分の目を頼りに、なるべく劇中(設定画)の色合いに見える様、
探り探り調整して作っています。
・・・結構塗料無駄にしちゃいましたね(;ω;)
まだまだ修行が足りません・・・(´・ω・`)



水モノの中ではかなりの可動範囲を誇るズゴック。
片ヒザもつきそうな勢いです(^_^;A←試してないけど付けるかも?

この足の動きは当時は衝撃的でしたねぇ〜。
ってか、最近のジュアッグとか、ゾゴック(これは仕方ないか?^^;)はちょっと割り切りすぎ泣きが・・・(^_^;A
ゾゴックは期待できるんでしょうか?^^;(これを書いているのは2012年12月)



今回の仕掛け。
実はモノアイは頭を取り外して移動することが出来ます。
仕組みは上の通り。
Hアイズの裏にハイキューさんのマグネットセッターを貼り付け、小型磁石でスリットパーツを挟んで固定。
マグネット接続ですから、位置を自由に決められるわけです^^

問題は外れたときにセットで何処かに行ってしまうリスクがあるって事かな?(^_^;A
お手軽名ので、是非試して見て欲しいところです^^
セッターをHアイズの裏に貼ることで、Hアイズが光って見えますしw



カラーレシピ

手足のグリーン・・・カーキグリーン
関節・・・ドゥンケルゲルプ(2)(ガイアノーツ)
本体のグリーン・・・カーキグリーン+レッドブラウン+フレッシュ(G)+セミグロスホワイト(G)

デカールはガンダムデカールからラインデカールを使用。
その他はヴェルテクスデカールを使っています。



と言うワケで、ズゴックでした。
まぁ僕が今ズゴックを作るとは思ってもいませんでしたが(笑
今見ても十二分に通用するこのHGUC版の凄さを改めて実感しましたねぇ〜。
同じ時期の人型のものは結構古さも感じたりもするんですが
(やはりプロポーションに流行り廃りがありますよね^^;)
デザインが良いのか、キットが良いのか・・・両方か?w

可動面においても今のレベルでも満足度が高いし、
このキットはもうこの先リファインされないんじゃないか・・・?と
思うのに十分な完成度を誇っているのはバンダイさんの商品の中でもなかなか無いかと?^^
是非一度組んでみて欲しい一品です。

流石に古いキットだけあって、モールド部分エッジに関しては若干甘めになってきてますけどね^^;


-シンたろーの模型製作記Ver.5.5-