RX-0 Unicorn Gundam 〜Destroy mode〜 製作記はこちらっ!



ユニコーンガンダムのデストロイモードです。
今回のテーマは『発光表現』。
その他、色々頑張って取り組んでみたのですが・・・^^;



今回、白は艶消し、フレームは艶アリ仕上げで。
白部分にはパールをコーティングしています。
微妙にスネにその名残が見えるかと・・・^^;
つや消しなので、パール自体が見えずらいのですが(^_^;A

更には発光しているフレームからの照り返しをグラデーションで。
よくイラスト等で見られる発光表現を模型に・・・と言うのにチャレンジしてみたのですが・・・。




結果は『あり』だと思いますが、絵心がもっと僕にあれば・・・って感じでしょうか?^^;
画像だとほんのりとグラデーションがかかってますが、実物を見るとこの辺位が
丁度良いように思います。

フレーム自体にもグラデーションをかけて発光してる雰囲気を・・・。
その後、クリアコートしてます^^;

・・・まぁ、絵心があれば、もっともっと「それっぽく」見えると思うんですけどね・・・orz



キットは文句無くカッコよく、HGUC100作目記念とあって?かなり分割も頑張っていて、
それでいて組みやすさも損なっていないという素晴らしい内容に仕上がっています。
今回やったように太ももをハの字に開けるようになっていれば完璧だったのですが、
ソコだけは残念に思いましたね^^;



比較的グラデーションが見やすい一枚。
分割する部分の回りにグラデーションを入れて行くのですが、
ソコを探すのが非常に面倒で難しかったです^^;
組み上げた状態でぬれればもっと簡単だったんですけど、流石にそれはできないですしね^^;
ほとんどパズル状態でした^^;



武装がライフルしか付かないってのは、やはり残念かな?^^;
グリーンのフレーム等もキットになるでしょうから、ソコは楽しみに待つ方向で^^
その際にはモモのロール等が追加されれば最高なのですが・・・。
そういう追加の仕方はバンダイさんの辞書には無さそうだからなぁ・・・(^_^;A

と言うわけで、ユニコーンでした。

凄く出来栄え的にはリベンジしたいのですが・・・
まぁ、いずれ相見える気がしますのでその時にでも・・・(笑

箇所 内容
製作 基本的にはキットのままですが、股軸を移動しています。
太ももフレームを削り込み、足がハの字に開くように改修。

その他はそのままで。
塗装 発光しているように描き込む・・・。
それがテーマなのですが、絵心の無い僕にはハードルが高すぎました^^;

本体はサフ吹いたあと・・・
フレームはサフレスで。

白・・・スーパーシェルホワイト+ブラック→Sシェルホワイト→ホワイトパール→部分的にレッドパールでグラデ。
紺・・・ディープブルー
関節・・・ニュートラルグレー3+ホワイト

本体ホワイトはもっと白い方が良い・・・と言う意見が続出でした(/Д`)・゜
珍しく頑張って細かいパーツにグラデーションかけたのに・・・(苦笑

フレームは艶アリコート。
その他は艶消しコートで仕上げています。
なので、最後まで発光表現が聞いているのか確認が難しい中での作業。
あまり苦労に見合った効果が現れず、報われなかった様な・・・^^;

グラデーションはかかっているし、元々パーツが複雑な形状もしていて情報量が多い・・・って事で、
今回はデカールを貼らずに仕上げてみました。
が!
まっちんさんのユニコーンを見て意外とデカール貼るのも良いな・・・と思ったので、次回のユニコーンモードでは・・・w
ソレはまた別の話、って事で^^

ま、色々ありましたが、良い勉強になったので、
いずれどこかでリベンジしたいモノです。

練習あるのみ・・・ですよね?^^;


-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-