×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


MS−14S GELGOOG〜シャア・アズナブル専用機(完全版)〜  製作記はこちら!

一年の計はシャアにアリ?^^;;って事で、ドム、ゲルググと今年はシャア2作目です^^;
突然の思いつきと、かなり急激な仕上げにグッタリしつつ、出来上がれば意外とお気に入り?^^;



<シャア専用ゲルググ機体解説〜ファースト・ガンダムより〜>

一年戦争末期にジオン公国軍に配備されたMS。公国軍初のビーム兵器標準装備機です。
ザクの正当な後継機として開発され、当時最強の名を欲しいままにしていたガンダムを
強く意識して開発されたと言われています。ビーム兵器の小型化に手間取っていた
ジオン公国軍でしたが、念願のこの期待が完成したのは戦争も既に大方の戦況が
決していた時期でした。故に、この機体がもう少し早く開発されていたら、歴史は変わった
・・・と言われています。

シャア専用機はその先行量産型としていち早くシャアの元に届けられ、
テストを兼ねて使われていたとか?(おいおい・・・^^;;







テキサスの攻防!!
<協力:ガンダム・真龍さん、ギャン・Salaさん>


さ・撮影のレベルが違うのがばれちゃいましたね(滝汗


ぼ・僕が言うのも変ですが・・・結構良い?(汗


ってか、これくらい撮影うまくなりたい・・・(汗


デカール、数字入れたかったんですけど・・・設定を知らなくて・・・(汗


と言う訳で、撮影はSalaさんでお送りしました!ホントありがとうございますm(_ _;)m



箇所 内容
かなり手を加えています。画像だとあまり感じないのですが^^;
角を尖らせて・・・
それも、ゲルググの顔のイメージがなかなか掴めなかったことに起因します^^;
HJ作例のHarryさんのゲルググをイメージソースに(全然別物なんで、ホントイメージ、ね^^;)、ひさしの形状
を上下に狭く、形状を角へ、モノアイラインの変更(特に下)。
耳の下を大きめに。(途中画像が見やすいかも・・・って写っているかなぁ?^^;;)
鼻の上面を厚みを持たせ、ほほを小さめに、角へと弄っています。
かなり男前になったと思いますが、如何でしょう?お気に入りです^^
胴体 これまた、変に弄りすぎました^^;
合わせ目がキットのままだと真正面に来るので、それをいつものバンダイ製品のように下に持ってきました。
実際の作業は、下にくっつくフィンのパーツを小さく削り込み、逆に前後胸パーツの下部を延長。
・・・こんな面倒な事をするくらいなら、合わせ目を素直に消した方が良いかも知れません(核爆←気づいた時には遅かった^^;
腹部はS字立ちを意識して軸の延長。当たる部分を削り込んでのお手軽仕様。
腰のパンツは丸っこかったので、角へと変更。その際、上面パーツの形状を変更し忘れているのでラインが繋がってません(汗
また、スカートのすそはパテ盛ってシャープ且つ厚みを増したつもりですが、如何でしょうかねぇ?^^;
ちなみに・・・リアスカートアーマーのパーツが塗装忘れです(汗
存在に気づかなかった^^;;・・・何用?^^;;
腕部 肩が手が入っています。
怒り肩にすると、肩アーマーの接続面の断面が見えちゃうので、肩前面のみフチを延長。
後ろを延長しなかったのは、胸を張らせるためのクリアランス確保の為です。
後、肩の角を尖らせたくらい。
後ハメは考え付かなかったので(超滝汗)、潔くライン処理しています^^;;;
脚部 足首軸を2ミリ延長。これにより、『すそ』を引きずらなくて良い様になりました。
その他、ライン処理。
ヒザのエッジ形状が甘いのと、正面から見て、ひざの横からチョロッと見える関節が気になってしまったので、多少上部を大型化して角ばらせています。
黒いパーツも小さく削り込み、埋まった感じを出したかったのですが、如何でしょう?
腰で言い忘れましたし、画像には収めていないのですがバーニア内にビーズ入れときました。(自己満?^^;
バックパック 無い!(笑←じゃあ欄消せよ^^;
欲しい!(違^^;;←シャア専用って3倍なのに無いのね・・・^^;;
武装 ビームライフル・盾、ナギナタ、全て素組みです。(合わせ目位は消してますけど・笑
塗装 下地にファンデーションピンクを使用し、その上から・・・

ピンク・・・シャアピンク(クレオス)
赤・・・・・・ガンダムカラーレッド3(2?クレオス)→ディープレッド(フィニッシャーズ)
黒・・・・・・・・自家製グレー+ピュアブラック大量(ガイア)
グレー・・・・・自家製グレーそのまま・・・と言っても、毎度色味が変わってます(滝汗←自然に・・・^^;
シルバー・・スターブライトシルバー(ガイア)


墨入れにエナメル系でチョロチョロ入れてます。
赤にはハルレッド、グレーにはブラックで。





結構わかりやすい一枚。
キットのゲルググは良い出来でしたが、個人的にはどうもしっくり来ない。
なかなかゲルググ像もつかみにくく、どうするか散々迷ったのですが、
結果としてはなかなか良い方向にまとまったのかな?と思います。
今回はそれなりの形状変更がメインでした。
頭部・胸部の合わせ目の向き、腰、肩、ヒザと珍しく弄ってます^^;
腰のラインは折れを作ったのに、その上のフィン部の形状はそのままなので、
ラインが揃ってませんね^^;(←塗り終わって、組んで気づいた^^;;
仮組み重要・・・と^^;;(メモメモ・汗

その他、(言いたい事は多数あれど・汗)なかなか良い感じじゃありませんか?^^


結構好みの脚に仕上がりました!
ヒザの形状しか弄っていないのですが、結構良い感じでしょ^^





一枚目と微妙に違うショット。
イマイチ艶がビシッ!っとキマッてないですね^^;;
結構良い感じにできたかなぁ?と思ってますが、如何だったでしょうか?


しかし、まだこのゲルググにはオチが・・・
僕はなぜこんなにも急に思い立って仕上げたのか?
そして落ち着きの無い撮影・ポージングの無い理由とは!?

それはまた次回!!!今日の工作にて・・・



ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-