RX−110  HGUC  GABTHLEY  製作記はこちら!

Ex-S風・・・(ご・ゴメンなさいっ^^;

さて、ガブスレイです。
MG誌の作例を見たときに一目惚れしまして、アレが欲しい!と言うことで製作開始。
作ってるうちにkmさんの作品が完成、その作品が『02』のマーキングがしてあり、
マーク2コンペのマーキングと連動してたので、勝手にこっちも連動^^;

塗装でマスキングの失敗・ABSパーツの破損、合わせ目消したところが割れる等
散々な目にあった可哀相な機体です(そう?^^;

で、テンションダウンして長いこと放置していたのですが、FFやっている時の
ロード時間中に目にすると、意外と気に入っている自分に気づき復活。

ここに日の目を見た、と言うことです。(説明がなげぇ^^;)

いろいろ言いたい事があると思いますが、寛大な心で見てやってくださいませm(_ _;)m


各部、MG誌を参考に、2重装甲表現に挑戦しています。
MG誌はスジ彫りの様ですが、自信がなかったのでプラ板にて2重装甲表現に挑戦しています。
ひざはパーツを無くした為、エポパテで作り直しています^^;

箇所 内容
特に形状は弄っていませんが、基本工作とひげのシャープ化をしました。
目はクリアパーツを入れています(目立ちませんが^^;)
胴体 こちらも形状には手を入れていませんが、薄くするところは薄く、また目立つC面は無くしたりしています。
腕部 形状は弄っていませんが、肩のフチ、袖周りのフチ等、苦労して削り込んでいます。
肩のダボ削りが厳しく、処理の粗い部分で心残りです。
左腕の前腕は後ハメしたのですが、割れて半分合わせ目がでてます^^;
肩内部は一応段処理なんですが、バッチリ合わせ目に見えますね(滝汗
脚部 形状はそのまま、こちらも目立つC面を消しています。
その他チマチマ弄ってますが、組んだ人はわかる、程度です^^;
腰周 特に弄っていませんが、こちらもC面処理等をしています。
各部の目玉モールドはクリアーパーツにしたかったのですが、思いつかずそのままにしちゃいました^^;;
武装 ノーマルです。合わせ目のところに細切りプラ板で凹凸付けたりしています。
塗装 下地にファンデーションホワイトを使用し、その上から・・・

青・・・ガンダムカラー23(クレオス)
紺・・・スーパーディープブルー(フィニッシャーズ)
グレー・・・自家製グレー+ファンデーションホワイト(クレオス+フィニッシャーズの混合物^^;)
装甲裏の暖色・・・ガンダムカラーアッガイ用の茶色+ファンデーションホワイト(クレオス+フィニッシャーズ)

各部エナメル塗料にて墨入れ。
ブルー部分にはロシアンブルー
グレー部分にはフラットブラック+フラットホワイト等の混ぜたもの

デカールは『ガンダムデカール』より適当なものをチョイスして
クレオスのつや消しクリアーでトップコートして終了です。


<あとがき>

一度は公開をあきらめた機体ですが、皆様から暖かいお言葉をかけていただき、
公開まで頑張れました。
ここにお礼申し上げますm(_ _;)m
公開するにはちょっと見苦しいところもあると思いますが、
次回作以降でもっと良いものが作れるよう頑張ります。

今回はABSの欠点を痛感する場面にも何度も合い、
悩まされましたが、まだこの問題は続きそうです。
いつもならあまり気にならないのですがねぇ・・・。
悩ましい問題です^^;


ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.0-