×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HG MS−14JG GELGOOG JAGER 製作記はこちら!

久々の完成品です。ここまで来るのに長かった・・・。
Zの完成が5月なので実に4ヶ月!いやぁ、途中、もう二度と完成しないんじゃないかと思ったりしましたが(汗



というわけでゲルググJです。



前後です。ホントはガトー専用を目指していたのですが・・・なんともおいしそうな色合いに(汗
さらには表面処理も粗いところがあって反省するところも多々・・・。
塗装に関しては実に4ヶ月ぶりだったので感覚を取り戻すのに苦労しました。
ま、反省は次回作に生かす方向で。



上半身から見て行きましょう。

<頭>

まずは、頭。大きな改修はしていません。目つきを悪くする為にひさし側にエポパテを盛ってラインを変えてあります。
首の高さ変更、引き出し式にしてあります。

<肩>

角度を変更して取り付けてあります。斜め後ろ後方へ。そうすることにより胸をはった感じになります。
このゲルググ、たまたま肩が挟み込む形式なので、チョット甘くってゆるくなってます・・・(汗
角度を変えた以外は特に変更してありません。



胴体です。こうしてみると胸の表面処理が悔やまれるんですよね(涙
まぁ、しょうがない、気持ちはもう次行っているんで・・・

青い部分で切断してあります。で、上下をボールジョイント。青い部分は挟まっているだけになっています。
うまい具合にクリアランスが取れて(ノーマルのままからあまり苦労しなかった気が?



リアアーマーの角度を変更してあります。これのほうがなんかカッコいいでしょ?
理由はあまりないんですが(汗





今回のポイント。すそ周りの立体感のアップです。
思いつきはたまたまノーマルのすそじゃ、バーニアの噴射が当たるじゃん・・・って事からでした。
でも思いついたのが工作完成直前。やらなきゃもっと早く終わるなぁって思ってたので迷いました。
が、まぁ、せっかくだからやっておくかと。
結果、表面処理の粗いものになっちゃいましたが、まぁ、とりあえず自分の満足ラインまで来たからいいかと(笑
すそ周りをカット、エポパテで支柱(?)っぽい物をつけ、そこにのせて固定しています。
すその後ろ側はなんか物足りないのでエポパテで形状変更。
アラアラな出来なのですが、すそが重ねあっているのでわかりづらくなってます(笑



ももの間接はいつものように弱冠前、やや下に変更、足首の軸で2ミリほど伸ばしています。
でチョット位置もずらしたかな???

塗装に関してはガトーカラーのパステル調を目指したのですが、冒頭にも書いたようにおいしそうな色合いに。
はじめはもっとおいしそうだったので、インディーブルーを上から吹いたのですが、それでもイマイチでしたね。

青・・・コバルトブルー+白→インディブルー
緑・・・グリーン+濃縁色            
間接・・・茶色+黒少々             
黒・・・カーボンブラックマット         




可動範囲はもともとあまりないですが、こいつもそんなに広くはないです(汗









というわけで久々の完成品でした。長かったけど、そして反省点もたくさんあったけど
久々に模型を完成させる楽しみを味わえたのは良かったです^^
もっともっと仕上げに重点が置けるようになれるといいですね。



ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.0-