×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HG AMX−004   QUBELEY


      まず、ありがとうございます。
      ようやく完成しました。一時はやめたんですけど、皆さんから励まされて完成に至りました。
      明らかに、HPをもっていなかった頃の僕なら、あきらめていたと思います。
      というか、過去にあきらめた作品は山ほど・・・。
      これが完成に至るのですから、HPをやっていてホントよかったなと思っています。






正面です。
カラーリングが今回のウリなんですが、これが股紆余曲折、かなりの労力をつぎ込んでいます。それはまた後で説明します。
まぁ、各所粗が目立ちますが(それがいったんあきらめた要因でもあるんですが。)そこはまぁ、目をつぶってください(核爆




まずは、頭部から。

頭部は鼻先の延長。そして眉毛を弱冠強調するよう削っています。イメージソースは、スーパーサイヤ人3ですね。
それに伴い、眉間をV字型にカットしています。
で、こめかみにピンバイスで穴を。
スケール考えると大きいのですが、まぁ、チャームポイントとして強調したと(爆

胸のピンクのアーマーもちょっと削りこんだだけ。
いまいちなのは内緒(笑
その他、エッジ部に細切りプラ板を貼りこんでいます。
(写真の銀の部分)

腰は結構手間かかってます。
胴を6等分にして(そこまでしなくても・・・)
で、中央でエポパテにて延長。
というか、ノーマルより長くなっているかどうかは
わかりません(爆
多分、気持ち長くなってるんじゃないかなぁ・・・
と思ってないとやってられません(爆笑
ここの処理、甘かったんですよ・・・。


時間の都合で塗っちゃえってやっちまって・・・。この頃ただろ〜さんのゼータが完成。
これを見て、僕はなんていい加減なやつなんだ・・・と自己嫌悪。
これが一回こいつをやめた理由でもあります
(ただろ〜さん、気にしないでくださいね。僕が勝手に思ってるだけなんで・・・汗)


胴体は今言った感じ。

また関節を弱冠前、下に持ってきています。

ポーズ付けてて思ったんですが、腰アーマーに干渉してあんまり動きません(滝汗

左太ももがちょっと剥げちゃいました(汗

この方法はもっと入念にやったほうがいいですね。

いい勉強になりました(負け惜しみ・笑



ひざは、下がすっかすかだったんで、流石の僕も(笑)プラ板にて埋めました。その際、接続棒が邪魔だったんで、接続の向きを下向きから、後ろ向きへと変更してあります。
難しそうに聞こえますが、切り取って、奥にエポパテ詰め込んで、接続棒を突っ込んだだけ(爆笑



こんな感じです⇒



次は足ですね。

足はディティールアップ程度。

しかも市販パーツ付けたこと、それとピンバイスで穴を開けたこと。

その二つくらいでしょうか。


そうそう、足の軸を切り離し、そこに2ミリくらいプラ板挟んで軸を再接着。

今回もそうですが、心中戦で補強してあるので、強度的には問題ないです。

この工作ももうかなり慣れましたね。

今後の問題は、可動範囲を殺さないようにどこに軸を持ってくるか。
バンダイさんのキットはかなり計算されている(と思う)ので、慎重にすり合わせながらやらないといけないようです。
って、今頃気づくなって!!!(爆



で、そのまま伸ばしたらかっこ悪い空間が出来てしまったので、前後に市販ディティールパーツをそのまんま貼ってあります。

ハイ、もう手抜きです(滝汗

あ、四角いところにバーニア入れる予定だったのに・・・

時間が経つと人間、忘れるもんですね・・・(大汗

情けない!!ホントすみません。





塗装の話を。

まず、一番最初に実はこいつは毘沙門天さんのグフに対抗する為に(爆笑)作り始めたのでした。
今回は、結構素組みに近い状態だったので、塗装で勝負しようと決めたのはいいんですが(そんな偉そうなもんでもない・笑)いつかのMG誌に載っていた、プロパガンダ(あってます?)様のキュベと行きたかった・・・(・−・)・・・ん?ですが。
というわけで、赤と白のツートンカラーで!とやってみたところ、派手派手に。

もっと研究して色選べよ、って自己突っ込みしたくなるくらいあほでした。

で、急遽、赤はラインで残し、紫、白のツートンへ。で、赤いラインが残る・・・はずだったんですが、全然赤が目立たない結果に。

そこで、今度はラインの付近を紫に白を足したものを吹いて赤を目立たせるようにもって行きました。
すると・・・今度はちぐはぐな感じに。
もう収拾がつかなくなり、テンションダウン。もうやめようと思い、ここで断念。
後は皆さん知っての通り、ここで製作中止を発表。


その矢先でした。
Salaさんが遊びで作ったという僕の写真を加工したものを画像掲示板にアップしてくれたのは。

そこにヒントがありました。

これ、もっとツートンに持ってくる色を似た色にすればいいんじゃないか?
紫を対象に持ってきたのが(胸の色です)そもそもキュベレイに見えなかった原因では。

じゃあ、腕のピンクを持ってきたら・・・。

というわけで、ツートンの色を腕の色をベースに。

で、出来上がったのがこいつです。

ちょっとドキュメント仕立てになっちゃいましたが、塗装レシピ(もうよく覚えていない)

白部:赤をベースに、白を加えたものでグラデ。更にハイライトに白。
胸の紫:キュベレイカラーの紫をベースにそれに白を加えたものでグラデ。
ピンク:キュベカラーのピンクに白を加えたものでグラデ。
赤ライン:最初に吹いた赤。
塗りわけのピンク:上記ピンクと同様。
黒:手のみエナメルの黒。それ以外はカーボンブラック。
シルバー:エナメルのシルバー(筆塗り・爆)
仕上げにトップコート半光沢を吹いてあります。
ちなみに僕の作品でトップコートをかけたの、初めてです(滝汗
いいですね、これ(いまさら言うなぁ!!!

というわけでお送りしてきたキュベレイ。
まぁ、それなりにはなったかと。(色々ありましたが・笑

今回は、ネット仲間ではありますが、やはり相談できる相手がいるって言うのは心強いし、楽しいですね。

仲間に触発されて作ったり、見せてどうだ!!って言うのも楽しい・・・。

ホントHP初めてよかったですよ、僕は(泣


このキュベに対するご意見、ご感想、お待ちしています。

どうぞ辛口でもバンバン言ってやってください(笑
粗ありまくりなので、突っ込みどころ満載です(爆笑


でも、結構思い入れが深くなりましたよ、こいつ。
最後まで作ってホントよかったです。
















ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.0-