GAT-105 STRIKE GUNDAM  製作記はこちら!

今、自分の出来ることをやれ・・・、か。  ・・・ストライク、いきまーす!


製作期間1年半(以上)(汗
実質製作期間3ヶ月と言う超大作(滝汗)、ようやくストライクの発進です!
ホント長かった・・・^^;;


あそこには友達が・・・、守りたい人たちがいるんだっ!(/Д`)・゜

今回よりスタンド一個の照明になってます(汗
若干いつもより見づらいかもしれませんが御了承下さい。。。



上半身アップ。・・・アップしすぎですがな^^;若干粗いですが、寛大な目で・・・^^;
目は見えるんですが、影で見えないのが残念(汗
ラピーにすれば多少変わったかも・・・^^;


以下、つたない解説です(汗

箇所 内容
製作 基本的にはHGストライクノワール・HGストライクを使用して、ノワールからストライクを逆算する形で製作していきました。
合わせて製作日記(右上リンクのブログより)を参照にしていただけると嬉しいです。

頭・・・ノワールのヘルメットにストライクのフェイスと角を使用。合うように多少削り込んだりしています。
胴・・・ノワールの物をベースに一部プラ板等を使ってストライクに似せています。
    グレーの板状のパーツはプラ板より。胸のフィンはストライクにはないものですが、カッコ良さ気だったので採用しました(笑
腰・・・ノワールの物をベースに、フロントアーマー削り込み、リアアーマーはノワール。サイドアーマーはパーツ紛失の為、プラ板
    によるスクラッチに(汗。その際、MG版の形状を参考にしました。接続は軸ではなく、両面テープになってます。
肩・・・ノワールの物をベースにMGストライクを参考にしています。天面やフレームはプラ材から。
腕・・・肩〜上腕2等筋まではノワール。関節・前腕はストライクより。関節にモールドを入れたら若干可動に難ありに(滝汗
    若干引き出す感じで可動させます(汗。数多い反省点です^^;
足・・・一番手が入っているかもしれません^^;
    ノワールベースです。ヒザはストライクをベースにエポパテを使って形状変更。左右のふくらはぎも底面にエポパテを盛って
    左右にボリュームアップ。スネはエポパテで裏打ちして削り込み。足首アーマーもノワールの物。
    靴もノワールで、形状をストライクの物に似せています。

エールストライカー・・・
ノーマルのままだと肩がダクトに干渉してしまう為、大幅にアレンジしています。一見ノーマル?と思うように見える記号
はのこしてあります。
主翼はフォースインパルスのもの。筋彫りを変更してストライクの物に。
各バーニア・フィンを作りなおし。4本伸びてる整流版?も鋭利に処理しています。

ライフルはそのまま。(スコープ部をHアイズにしなかったのは後悔・汗
シールドはPG版のモールドを彫っています。
塗装 サフの上から・・・

白・・・スーパーシェルホワイト
青・・・コバルトブルー
赤・・・ディープレッド
黒・・・カーボンブラックマット
黄・・・黄燈色

墨入れはエナメルブラック。

デカールはガンダムデカールより抜粋。
イメージ的にはキラ君の乗った、前半のストライクのマーキングを想定して貼っています。(なので連合のマーキング)


ストライカー無し状態。肩に干渉しないように・・・と言う工作を持ってしても無し状態にはかなわない^^;
良い立ちっぷりだと思います^^


意外と後ろから見るとしっかりS字に。・・・計算外です(汗


ストライカー詳細。あまり普段やらない作業だったのでかなり辛かった。
それとそれぞれが面接着なので、強度的にはかなり不安の残る出来になったのは反省材料です(汗


上空より。マーキングは完全に好みです^^;


ストライカーシステム’S。
凛々しく感じ、お気に入りの一枚です^^


さて、如何だったでしょうか?
なかなか時間かかってしまい自分でも途中で放棄するか?と思ってただけに最後までやれてよかったです^^
ちょっと粗さも残りますが、長いこと付き合ってきたのでかわいさもひとしお、カッコ良く見えてくるから不思議な物で^^;
・・・と、最後は親バカっぷりで締めたいと思います^^;


ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-