×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


VERDE BUSTER  GUT-X103AP 製作記はこちら!

最初にお断りしておきますが・・・、今回は肩の武器の一部パーツを忘れたまま撮影しています^^;
そして、お恥ずかしいですが、背景からはみ出て撮影と言う大きなミスを・・・(滝汗
今回は、ミス祭りで申し訳ございませんm(_ _;)m


フロントです。
今回の一番のお気に入りショットです。堂々としていて、なかなか良い重量感が出せたのではないでしょうか?
まぁ、自己満足なのですが^^;


リアです。
これは露出オーバーですね^^;
でも一番わかりやすかったので・・・^^;
バーニア類を中心にデティールアップパーツでデコレート。
各パーツ、凹凸をつけてゴチャゴチャ感を出してみました。
半分ノリノリで飛ばしすぎで、精度が低いのがお恥ずかしいですが^^;


この画像からも見えるかな?
ふくらはぎ部分、背中がバーニア追加ポイントです。
リアアーマーは可動式にして、S字立ちの邪魔にならないようにしています。


ここもなかなか好きなショットです^^
色に関しては設定画よりも明るい緑になってしまいました^^;
でも、凄く綺麗な色なんで結構気に入ってたり^^;
ガイアのビリジアングリーン、良い色です。
実際は最初に塗った緑の色が気に入らず、最後に上掛けしたんですけどね^^;


凹凸は塗り分けるかどうか迷ったのですが、結局あまりにも目立たなかったのと
墨入れしずらいと言う理由から塗り分けることにしました。
結果的にはまぁまぁ、でしょうか?
今回撮ってませんが、一応ポット内の塗りわけはしてます(笑


結構勢いで進めましたが、なかなか面白い方向性かもしれませんね^^;
こういうのもたまには加えて行きたいものです。
もうちょっと精度を上げて・・・^^;


このキット、バスターもそうですが腰周りの武器が腰についているため、
取り回しずらいのがポーズの少なさに繋がってます^^;;
時間かけてやれば、出来る・・・かも?(滝汗
肩軸を弄っているので、もしかしたら、合わせ銃は出来ないかも?(汗←未実施

箇所 内容
基本的にはノーマルです。
ツノを削った位。
胴体 緑部と赤部で角度をつけて調整しています。(足りない部分はエポパテ製)
リアアーマーを可動させたことによって、立ち姿がS字になるようにしています。
腕軸を斜め後方にして、胸を張らせる様にしました。
が!今回のデザイン上、肩が前後に長いので干渉するので、肩後ろ側を調整しています。
その他、彫ったり貼ったりして凹凸つけて表情を増しています。
腕部 基本的にはノーマルです。
胴体部での説明のように、角度をつけたため両肩が干渉する様になってしまったので、
後肩下のフィンを小さくしています。
この工作のせいで、もしかしたら合わせ銃のポーズは取れないかも?(←未実施
脚部 伸ばさなくても良いかな?と思いつつも、太もも接続軸で2ミリ延長(滝汗
でも、これよりだいぶバランスが良くなったかもしれません^^
とりあえず、S字にしたかったのでバランスが良くなったかもしれません。
あとは、デティールを入れて表情を増しています。
各画像解説にも入れましたが、一部市販バーニアパーツでデコレートしてます。
バックパック 上記のように、市販バーニアパーツでデコレートしています。
その他は、ノーマル。
武装 合わせ目処理、段差処理等で画像のように。
画像では一部パーツが無かったりしますが、しっかり発見されました(←再撮影しろよ^^;
接着したんで、もう大丈夫です(何が?
塗装 下地にファンデーションホワイトを使用し、その上から・・・

本体色・・・・・ファンデーションホワイト+ノーツフレッシュ(少量)
緑・・・・・・・・・下地の緑(暗かった・・・)の上からビリジアングリーン(ガイア)
赤・・・・・・・・・燈オレンジ+ノーツフレッシュ(両方ガイア)
シルバー・・・スターブライトシルバー(ガイア←名前が好き・爆
グレー・・・・・・自家製グレー(廃棄塗料を混ぜた物)

エナメルカラーで塗り分け、墨入れ等。

デカールは『ガンダムデカール SEED汎用より』・・・GallBooさんありがとうございますm(_ _;)m


ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-