×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GAT−X105E  STRIKE NOIR  製作記はこちら!

メチャメチャ久しぶりの完成品です^^;
実に3ヶ月ぶり!?
その割にコレなのは勘弁下さい(汗



というわけで、SEED初OVAにして初のネット主導型コンテンツ、
『スターゲイザーCE.73』に登場する
敵役、ストライクノワールです!

キットはSEEDでは稀に見る(失礼^^;)スーパー好キット、と言う事で、キットを最大限活かし
最小限のデティールアップに抑えて作ってみました。

反省多き完成品ですが、やりたいことは出来たのでとりあえず満足しています^^


羽根はフレキシブルに動く。でも、あまりイメージが無いのでどういうポージングが正しいのか、わからなかったり^^;
フルバーストも劇中には未登場なので、正しいポージングかは不明です^^;
一応、思いつく限りカッコ良さそうに動かしておきました^^;


えーと・・・、今回の撮影で手のひらから出るワイヤーと、ソードのクリアパーツを使ってないのは・・・
ポロポロ取れて、イライラしたから・・・と言うわけではありません(苦笑・・・取れるよねぇ?^^;




箇所 内容
形状は弄らず、尖らせるところは尖らせています。
胴体 若干のデティール入れ。
胸部のフィン(黄色)は頑張って薄くしました^^
腕部 形状はノーマル。
前腕のバンダイエッジ(と思われる)を削り込んだことにより、面が変わっているのがわかるでしょうか?
そこがシャープに見えて、なかなか気に入っていたり
脚部 薄いところは薄く。
すねの切り欠きを薄くしたら中身がかなり見えたので(笑)、スリットプラ板を入れてます。
詳しくは↓で。
バックパック 特に弄っていません。基本的に挟みこみ部分は凹処理で(汗
大型ソードは当初シルバーにする気が無かったのですが、思いつきで・・・
処理が粗く、面処理の悪さがよく目立っています(涙←思いつきでやるから・・・汗
武装 ショートガンは銃口開口後、ゴールドビーズであしらってます。
塗装 記憶が曖昧ですが、何とか手繰り寄せてみると・・・

下地にファンデーションホワイトを使用し、その上から・・・

白・・・ファンデーションホワイト+カーボンブラックマット(少量)+ガンダムカラーレッド?
黒・・・カーボンブラックマット+ファンデーションホワイト(少量) →ほぼ原色のまま^^;;
グレー・・・自家製グレーを調整して使っています。
(自家製グレー・・・余った塗料をどんどんたしたもの)
赤・・・キャラクターレッド(クレオス)+カーボンブラックマット(少量)
黄・・・オレンジイエロー+カーボンブラックマット(少量)
シルバー・・・スターブライトシルバー(ガイア)

デカールは『ガンダムデカール SEED汎用』・・・GallBooさんありがとうございますm(_ _;)m
その他を使用しています。

<ショートガン詳細>

銃は開口後、ビーズ金であしらってます。

<足回り詳細>

エッジとフチ工作。
スネの間からスリットプラ板をチラ見せ(笑
元々開いてるパーツですが、フチを最大限削ってやると中が丸見えなので追加しました^^;
足首もわざと切り欠き、シリンダーを塗り分けています。


堕天使、と言う言葉がよく似合います^^
素直にカッコイイキットです^^
今までのSEEDのキットの中で、ピカイチではないでしょうか?
まさに、3年の月日の技術の結晶!ここに極まる!と言った感じですかね^^


一応フルバースト。商品見本のほうがカッコイイかも(滝汗←負けた・・・涙
かなり素性の良いキットなので、是非一度手に取って、組んでもらいたい一品です^^



ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-