×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SD ZGMF−1000 Zaku Warrior DB仕様

2005.11.23。
それは、今年の夏に公開された『スターウォーズエピソード3』のDVDの発売日!
20数年?の歴史にピリオドを打つ超大作を祝うためだけにこの作品を作りました。

いや、本家ファンにはぶっ飛ばされそうですが^^;、一ガンダムファン・SWファンとして
僕に出来ることをしたつもりですので、寛大な目で見ていただけると助かります^^;


今回は、百知ガン造さんの作った作品を参考に(パクリとも言う^^;)させて頂いています。


ネタです。素組みです。
一番の見せ場は黒一色をどうやって表現するか、考えてました。

とりあえず、ダースベーダーの特徴はあの黒いヘルメットと思い、
また、劇中での光具合が印象的だったので『艶あり』にしてみました。
それだけだと物足りないので、グローブとブーツはヘルメットと同素材と仮定し、
艶ありで仕上げてみました。

逆に胴体は、劇中で鈍い光を放っていたので、艶なし+シルバーを軽く吹いたところ
案外劇中っぽいのでは?と勝手に自己満足しています^^;

サーベルは確か赤かった、と思い、HGのものから奪って使ってます^^;


右下の画像と
交互にクリックすると
パラパラ漫画
のように・・・(笑

こっちはネタその2です。

完成間近、と言うところで、『そういえば、フォースのポーズとりたいなぁ・・・』と思ったのがきっかけ^^;
で、閃いたのが、同じポーズをする某ガンダム(笑
おなじSEED系なら設定も作れそうじゃん?と言う軽い気持ちではじめました。(本体は塗り終わっているという^^;)

144の手を・・・と思ったのですが、『どうせチャームポイントだから、目立たせてしまえ!』ってことで、
100のデスティニーから頂いてます。
当然、SDの手に合わないので、144のキットの適当な手首から軸を移植。
平手もイマイチカッコ悪かったんで、一本一本切り取って再構築。

うーん、よくもまぁ、たかがネタの為にそこまで・・・と思いつつも、ビームシールドを取っ払ったら
設定的にも良いんじゃない?と(プロヴィデンスザクすらあるしぃ・・・)。
そうすりゃ、バッテリー駆動でも何発かは撃てるだろう・・・くらいの。
エポパテで埋めてあります。

今回、艶ありってことで、珍しく1000番以上でヤスリがけしていました^^;
が、初めてだったので、ほこりがこんなに目立つとは思ってなかったですし、
アップした画像で初めて気づきました(滝汗
目が悪いんですね・・・(涙
ま、勢いだけで作ったので、気にしない気にしない^^;

そう、テキトーに^^
ねたは楽しくやらなきゃ意味がない^^;

凄く久しぶりにウキウキしながら作っちゃいました^^;
一瞬でも『おっ!?』と思っていただけたら、僕は幸せです^^;

箇所 内容
本体 素組みです。
手首 1/100デスティニー+HGの手首の軸
塗装 艶あり部・・・ブラック(クレオス)
艶無し部・・・カーボンブラックマット→Sファインシルバー(軽く)(両方ともフィニッシャーズ)
艶無し部(2)・・・カーボンブラックマット
金色・・・スーパーファインゴールド(クレオス)





ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.0-