×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GF13-017NJU God Gundam 製作記はこちら!



ゴッドガンダムと言えばコレ。
腕組みでしょう^^
若干厳しいモノの(笑)、HGクラスでここまで出来るというのは素直に感心しますよね^^



キットはHGアナザーシリーズ第2弾としてリリースされましたが、出来映えはHGUC基準で非常に良好^^
1枚目にも集約されてますが、幅広いポージングと組み立てやすさ、カッコ良さを全て内包しています。
最新技術でのGガンダムのキット化と言うことで、MGよりも出来は良いのではないでしょうか?^^



この画像で白部分にパールをかけたのがチョコッとだけ伝わるかな?
このパールに一捻りしたのですが・・・(^_^;A
まぁ、元々パールの撮影自体が難しいのですが、そのうち改善してお見せできればいいなぁ〜
・・・と思ったり^^



ゴッドガンダムは歴代のガンダムの中でもかなり好きな方でして、
いつか作りたい・・・とは前から思ってはいたのですが、
まさかHGサイズで作れる日が来るとは思いませんでした^^

今回のキット化は嬉しかったです^^

是非マスターも作りたいなぁ〜・・・と思ったり^^
え?ゼウス?
ゼウスは・・・ねぇ?(笑←その前に出ないでしょw

製作内容 
  頭部は非常に男前w
歴代のガンダムキットの中でもかなりのイケメンなのではないでしょうか?

かなりお気に入りの顔ですw

なので今回は特に弄らず、スジ彫りを彫り直し、クマドリをハッキリさせただけにとどめています。

にしても・・・カッコ良い〜w 



  腕の取り付け位置を変更。
肩軸をやや下部へと移しています。
そうする事で腕の付き位置は上になります。

腹部(赤)の下の段はやや太めに感じたので左右で削り込み。
これだけでも印象は変わってくると思うのですが・・・如何でしょうか?

サイドアーマーは前後に可動する仕様ではなかったため、PCボールをスライスしたモノを仕込み、後ろに流せるようにしています。
それに伴い、サーベルラックは非可動になりました。
ここ動かないとS字立ちした時にフロントアーマー下端が前に行ってカッコ悪いんですよ^^;

その他、全体的に柔らかいラインで構成されていたため、削り込みを中心にカクカクしたイメージに面を調整しています。

塗り分けに関しては白部をウォームグレーとのツートンへ、青も濃い青と薄い青のツートンで塗ってます。

青い方は2色の差がそれほど大きくなかったので(塗ってる時はもっと差が出てたと思ったんですけど・・・(^_^;A)、パッと見1色に思いがちなのがもったいなかったかな?とも思ったり。

まぁ、でもよくよく考えるとそれが狙いでもある訳ですから、さじ加減をもっと研究したいところですね。

 
   脚部は太ももで1ミリ延長。
その他はほとんどノーマルで仕上げています。

アンクルアーマーの塗り分けは悩んだのですが・・・(ウォームグレーがアキレス腱と被ったw)

白部分に艶が出ていると思いますが、ノーベル同様、白の上からパール塗装しつつ、つや消しで仕上げています。

このパール・・・と言う所に一捻り入れてみたのですが、つや消しにしてしまったらほとんど見えなく・・・(^_^;A
ツヤ消す前は結構面白い状態だったんですけどねぇ〜・・・(寂

まぁ、今回の手順でどんな感じになるのかはだいたい分かったので、次回は何かのタイミングで再チャレンジしてみたいと思ってます^^

デカールに関しては、GFFのGガンダムを意識して、確認できる範囲で貼ってます^^

塗装レシピ  
白1 スーパーシェルホワイト(F)
(以下SSホワイト)
白2 SSホワイト(F)+マホガニー(C) 
1 コバルトブルー(C)+SSホワイト(F)+蛍光レッド(少量・G)
青2  上記のモノに白多め
GCシャアピンク(C) 
  燈黄色(G) 
  エナメルブラック 
  場所に合わせてエナメルブラックとハルレッド等を混ぜたモノ 
   



その他の画像はこちら。





ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-