×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ovv-f Gafran 製作記はこちらっ!



と言うワケで、ガンダムAGEより、第1期UE(ヴェイガンことアンノウン・エネミー)第1弾のガフランです。
コンセプトとしては正体不明の(MSかどうかも分からない)、表現的には『怪獣』で、
当時『ガンダムVS怪獣』をやりたかった・・・と監督が語っていた事もあり、
作品内での役割としては重要な位置づけのMSです。

『まぁ、MSなんだろうなぁ〜・・・』とは思っていたので(笑)、コンセプトとしては
如何にこの正体不明の生物的なデザインのMSを

『従来のMSの表現の文法で処理してMSっぽく見せる・・・』

と言うのを目標として作ってみました。



従来の・・・と言う事で、スリットに凸モールド、単色塗りのグレーと青をそれぞれ2色塗り分けをして情報量を増やし、
デカールを貼って仕上げてみたのですが・・・

結構仕上がりには満足しているのですが、如何でしょうか?(笑




横から見ると腰の羽根のボリュームが凄く、結構お気に入りだったり。。。

胸部の銃口や尻尾のライフル等の武器類はメタリックで塗装し、質感を変えてみました。

デザインが『生物的な感じを出す為』に手足が黒1色になっているので、関節と本体色で色を分けてみました。
関節部が明るいグレー、本体部が暗いグレーで塗装しています。

その辺がよく分かる一枚かと思います^^




本体のブルーは設定では結構暗めのブルーなのですが、コバルトブルーから作ってみました。
塗り分けの方では彩度を落としたブルーなのですが・・・ちょっと色味が実物とは違うかも^^;

ブルー部分は1色と言う事なので、スジ彫りを入れ無理矢理2色で塗り分けてみました(笑
違和感なく仕上がったと思うのですが、どうでしょう?

なお、変形機構があり、飛行形態もあるのですが、塗装が剥げそうなので止めてます^^;
(自分で作ってるのに、その設定を忘れてるくらいMSとしてしか見てない^^;)



従来のガンプラと随分と違う組み立てプロセスは作っていて非常に新鮮でしたね^^
デザインがデザインで、劇中での扱い、本編のストーリーとかでちょっと人気で損している印象がありますが、
デザインに自体はなかなか面白いと思うのですが・・・

いずれ再評価される時が来る・・・んじゃないんでしょうか?(^_^;A



尖っている部分が多いデザインでもあるので、その辺を中心に手を入れると非常に見栄えがすると思います。
作る際には是非チャレンジしてみて欲しい所ですね^^

是非一度は手にしてもらいたいキットです^^



青1・・・コバルトブルー+ホワイト
青2・・・コバルトブルー+ホワイト(↑のモノに)+ブラック少量

グレー1・・・ニュートラルグレー5
グレー2・・・ニュートラルグレー4

メタリック・・・ガンメタル

デカールはヴェルテクスデカールを使用しています。


-シンたろーの模型製作記Ver.5.5-