GUNDAM AGE-FX 製作記はこちらっ!



と言うワケで、ようやく公開できました^^;
FXだけではなく、更にバーストモードも用いて上の画像も撮れ、やりたいことは全部出来ましたでしょうか?^^
以下解説。



本体のみ。
本体だけだと非常にシンプルな構成です^^
色は手堅いイメージですが、ガンダムとしては珍しいフレア式のふくらはぎや、全身の独特のプロポーションバランスが特徴でしょうか?
フェイスの処理も珍しいタイプですね^^

基本的にはキットを尊重していますが、胸部の処理がどうも気になりまして、上半身と下半身を繋ぐ流れが悪い・・・
と言う事で、エポパテを使って多少ラインを変更してあげました。
だいぶ通常のガンダムっぽいプロポーションバランスになったと思いますが・・・如何でしょうか?



その他、スジ彫りを追加し、そこを中心に塗り分けして仕上げています。
青いところも・・・とも思ったのですが、流石にクドくなりそうなので、白い部分だけ・・・ね^^;



頭部は好みも反映させ、フェイスガードも凸処理にしてあります。



Cファンネル装備状態。
今回はこの数々のファンネルの処理も頑張ってみました。(大6枚、小8枚・・・^^;)
クリアパーツ処理になっているのですが、どうも本体から浮いてしまっている感が強く・・・。
そんな時に見たMG誌の作例からヒントを得、『浮くならファンネルも本体色を追加すれば良いんだ!』と。

と言うわけで、泣く泣く全部にスジ彫りを追加しています^^;
元デザインも尊重すべく、紺も塗り分けで再現。



・・・にしても凄い数^^;
ファンネルの処理はヤスリで削り、曇りガラス調になるようにしてみました。
更につや消しを吹いたところ、上のような感じで光って見えるので結構良い感じです^^
スケスケのクリアーよりは馴染んでいる気がするのですが、如何でしょうか?





そしてバズーカ装備。
一応ライフルモードも出来なくはないのですが、見事なまでの挟み込みなので、剥げても嫌だし・・・^^;
と言う事で、今回はバズーカ固定って事で^^;

ガンダムの装備としては珍しい巨大な武器で、本体のハリネズミ状態と合わせてなかなかのボリューム感です^^




基本的にノーマルですが、ディテールを多少追加したり、本体を塗り分けて仕上げてみました。
基本的に白っぽい感じで・・・と思ったのですが、本体の白に本体の塗り分け色じゃないグレー(エアクラフトグレー)で塗り分け。
更に濃いグレー(ニュートラルグレー5)も一部に追加し、3色使用。
本体と武器の素材の違い・・・というか、まぁ、本体に馴染みすぎないよう調整してみました。

なかなか良い案配だと思うのですが、如何でしょうか?



このキット、軸の位置取りが独特で、ノーマルでもこんなカッコ良い立ち姿に・・・^^
個人的にはMGでもちょっとチャレンジしてみたい素材であります^^
・・・出るかなぁ〜(^_^;A




ファンネル展開!
・・・は画像が多いので、次のページにて・・・^^;


ギャラリーその2


-シンたろーの模型製作記Ver.5.5-