GNX-704T/AC Busido's Ahead “Sakigake” 製作記はこちらっ!

ならば切る価値無しっ!


と言うわけで、ブシドーアヘッド、通称サキガケの登場です^^
アヘッドのバリエーションですね。
キットの構成は名作ティエレンに近い構造。



量産型が頭が小さく、胴の丸さと相まって若干違和感を感じていたのですが、
両方ともブシドー専用タイプに入れ替わっているので問題点スッキリ解消!(爆




スラスターが縦に付いているのもバランスを良くしている一因かも?
フィンのゴールドはHJ作例の影響から・・・(笑






ツインアイにした事で精悍さが増した・・・と思うのですが、如何でしょうかねぇ?
このキット、最大のネックは『目』だと思うので、
是非目の作り直しはチャレンジしてみて欲しいところです^^
結構色々削らないと思うような位置に目が設置できないのでそこは注意が必要ですが・・・

箇所 内容
製作 基本的にプロポーションは満足してたので、ほぼノーマルのままです。

頭・・・ヒタイを大型化。目は好みでツインアイにしちゃってますw
胴・・・分割を色変え部分で変更。肩と胴の間のブロックは段差を無くし、多少ボリュームアップして見えるように。
足・・・ひざ〜スネの形状が甘く感じたので、角が立つよう調整。

その他、基本的に筋を彫りなおしたり、面を調整したり、ディテール入れて塗り訳したりしています。

塗装
今回のアヘッドではなんと・・・!!!

本体の赤をHJで作例をしているrokuさんより頂いた物を使ってます!(゚Д゚)
そう・・・、恐れ多くもあの雑誌作例と同じ色・・・
出来の悪い僕の作品に使うのもなんとももったいない気持ちだったのですが、使わないで寝かしておくのも・・・ねぇ?(^_^;A
と言うわけで、カラーレシピは・・・わかりません(核爆
是非HJのバックナンバー買ってくださいw

赤・・・rokuさん特性レッド
灰1・・・ニュートラルグレー4(G)+ブラック(C)少量
灰2・・・ニュートラルグレー4(G)
金・・・スターブライトシルバー(G)→クリアーオレンジ(G)


いやぁ〜、レッドは何の迷いも無く塗れたので、今回は塗るのが早かった・・・w
まだちょっと残っているので使いたいのですが、1体分はちょっと怪しい・・・(^_^;A
!!!
アレに使おう!w

デカールはスジボリ堂さんのベルテクスを使用しています。
アロウズマーク、貼りたかったけど場所が無く断念しました^^;
まぁ、ブシドー君はアロウズのマークなんて貼りたがらないだろうし、結果的にオッケーw




肩とスラスター本体はスジボリ入れて塗り訳。
バルカンはシルバーで。

色んなところが反射率高めで中々派手になりました^^



肩の横だけはラピーを使用。
え?塗り訳が面倒だった?
・・・なんて事を言うんですか!ヽ(`Д´)ノ

・・・ウン、ちょっとw

でも他よりも高い反射率で良い雰囲気です^^



スラスター内にはちょっとだけ加工した角バーニアを仕込んでいます^^
結構気になる部分ですので、お手軽な方法として有効かと^^
かつて僕はナドレでは拒否反応が出ましたが、コードも一本なら気になりませんね(笑



今回のお気に入りのショット。
アストレイ以来のカタナ使いなだけに、ちょっと派手目なポーズが良く似合います^^



腰部のスリットにも角バーニア。
ドライブの◎モールドも市販の物を埋め込んでいます。
ここは外せないポイントかと^^



-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-