GNR-101A  GN Archer



ようやくアップのGNアーチャー。
意外とデザインは気に入ってたりして^^



ディテールを加えて仕上げようか・・・と思ってたら、
実はキットには結構デザイナー画稿のモールドが入れられてたりします。
なので、彫りなおしメインで。



本体に関しては通常のHGよりも一回り小さいです。
が!しかし!!
出来に関しては、形状、可動共に通常のHGレベルを維持。

このサイズとしては本当に凄いんです^^



変形!
・・・と言うほど大げさな変形をしているわけではないのですが、
最小の手間で印象がガラッと変わっているので、
デザイナーさんの見せ方の上手さが非常に伺えます^^



飛行形態に見えますからねぇ〜。。。



下から見るとこの通り。
実は足を畳んで、腕は前後向きを入れ替えただけ・・・。
アリオスはもっと凄くて、コブシはそのまま・・・でしたから、
コチラのコブシは納得できる範囲かとw



この背負い物で非常に印象深い機体になっているんですが、大きいだけに、
可動におい手はちょっと邪魔をしてしまいます。
本体の可動のポテンシャルを減らしてしまっているので、
もうちょっと何とか良いアイデアがあれば・・・ねぇ。



とは言え、お値段お安く、それでいて内容は非常に高レベルなので、
満足度は凄く高いですね^^
パーツ数も多くないので、将来F91等の小型MSが出る時に向けて
今からコイツで練習兼ねて大きさに慣れておくのも良いかと思いますw

多少マスキングが必要になりますので、それも練習ついでに如何でしょうか?^^

箇所 内容
製作 基本的にストレート組みです。
面の調整と各部のディテールの彫りなおし、
一部ディテール追加。
塗装
本体はアリオスと同じ色合いにしないと・・・と思ったので、アリオスと同時進行で塗りました。
が、かなりパーツが多くなってしまい、集中力が散漫になるので別々に仕上げるのがオススメです(爆


白・・・スーパーシェルホワイト(F)+ブラック(G)少量
赤・・・フォーミュラーレッド(F)
灰・・・ニュートラルグレー4(G)
黒・・・スーパーディープブルー(F)

墨入れはエナメル塗料で。

デカールはガンダムデカールとベルテクスデカールを使用しています。




と言うわけで、GNアーチャー如何でしたでしょうか?
一回り小さい小型支援MS、という、ここ最近にはなかったコンセプトのキットで
バンダイさんの最先端の技術が堪能できる一品になってます^^


まだ手にしてない方は、来るべき対話(HGUC小型MSw)に向けて、
その可能性を肌で感じてみては如何でしょうか?^^



-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-