AEU-09F Y812/A Enact al-Saachez's custom AGRISSA Type 製作記はこちらっ!

テメェだって同類だろうがっ!戦争根絶を掲げるテロリストさんよぉ〜!!!


確かにその通り・・・。
だからこそ、00は難しい・・・^^;



今回、白背景と灰色背景が混じっています(^_^;A
(撮影時期がバラバラの為^^;;)
白で良いかな・・・とも思ったのですが、やはり灰色の方が無難で良いのかも・・・



灰色の方がやはり落ち着きますね^^;
この状態でかろうじて立たせる事ができます^^;;



リアのウィングはキットだとブラブラ動くので、最終的には固定にしました^^;
腰のウィングに腕が当たってしまう問題を解決してたらかなり時間かかっちゃいましたね^^;



奇跡の一枚かと・・・(核爆
武器が重すぎです^^;



今回は腰周りが重点的に弄ったポイントですね。
ボケてますが、胴の軸はキット分伸びてます(プラ棒を上に足して固定)。
腰のウィングは左右逆に取り付け、削り込み。
モールドを新たに加えて違和感無いようにしています。

結果的に飛行形態は諦めてます(^_^;A



ポージングはあまり得意では無い期待です^^;



これは良いかも?^^
左手平手がサーシェスの正確をよく現せているなぁ〜と思うんですけど^^
まぁ、ノーマルも全部これですけどね^^;



スペシャルパーツ^^
ノーマルイナクトがあったので、左手の指を切り離し、右手に組み替えてみました^^(かなり面倒&下手^^;
まぁ、オマケなんで精度に関しては見逃してください^^;
このパーツにより、上のように腕組みできるようになってます^^
これもサーシェスっぽくありません?^^



と言うわけで、イナクト、如何でしょう?
フラッグの改良型、と言う設定どおり?後発であるが故に同じ構造でも
かなり改善されたと思います^^

ただ、唯一残念なのは腰ウィングが当たる事・・・。
これは可動翼にして欲しかったところです。

あ!宇宙型はウィングが無い様な・・・(゚Д゚)


以下ノーマルとの比較画像です。
ちなみに撮影最新版でもあります。







色味的にはこの画像が一番近いと思います^^


箇所 内容
製作
頭・・・基本的に素組みです。カメラ部分にはラピーの金色テープを貼ってます。
胴・・・基本的に素組みです。面構成を調整、シャープ感が出せてれば良いのですが^^;
    一部、takayo4さんに教わったモールドを入れています。精度はイマイチですよね・・・(^_^;A
腰・・・今回一番手を入れた部分ですね。上にも書きましたが、軸で2ミリ程度延長。
    そのままだと変なので、軸自体にも市販パーツを貼ってデコレート。
    腰のウィングを左右に入れ替え、一般的な翼に見えるよう、削り込み、モールド追加。
    その他面処理しています。モールドも一部足しています。
足・・・基本的にノーマルです。一部モールドを足したり、削り込んだりしてます。
塗装
今回も『また(笑』赤なので、流石に気に入っているとは言えワンパターンになるので(苦笑←でもイメージ
通りなんだけどなぁ〜)、お気に入りのシャアピンクをベースに色を作ってみました。

サフの上から・・・

赤・・・ガンダムカラーピンク2(C)+リッチレッド(F)
灰・・・ニュートラルグレーW(G)+スーパーシェルホワイト(F)
白・・・スーパーシェルホワイト(F)+フラットブラック少量(G)

武器の刃にガンメタリック(G)

デカールはスジボリ堂さんのデカールを使っています。
かなり小さくて便利ですぅ〜^^(しばらくこればかりになりますよ、結構買ったので・爆

と言うわけで、いかがだったでしょうか?
イナクトはキット化されないんじゃ・・・と思いましたが、見事キット化!(しかもあっという間に3種・笑
全陣営のMSがキット化されたことで、ダブルオーのMSの世界観が
打ち出せたのはとても良い事だと思いました^^

これからのシリーズも是非頑張ってキット化して欲しいので、ガンダムファンの方は
こういう量産型キットもかわいがって欲しいなぁ〜、なんて願ってます^^

僕のがキットを手に取るキッカケになってくれれば、それはとても嬉しい事です^^





ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-