SVMS−01 UNION FLAG 



赤いです(笑
コッソリ用意していたのはシャア専用カラーをまとったフラッグでした(笑


今回は製作当初から2機製作していました。
後にグラハム機が出るのがわかっていたこともあり、弄るのはそちらで、って事で決定。、
なので、基本的に弄らない方向でカラーだけで楽しむのが目標でした。



合わせ目が出る部分は段落ち処理を施しました。
一部合わせ目が消えてなかったり、処理の甘い部分がありますが、
作っている時のにやけようといったらもぅ・・・(笑

この機体、カッコ良いです^^
手足が細長くて、発表当初は『どうかなぁ?』と思ってたのですが、
劇中での活躍、そしてポージングさせると良くわかるのですが、
非常にスタイリッシュに栄えると言う事実。
久々にカッコ良い量産機ではないでしょうか?


関節の構造に特徴があって組んでいて非常に楽しめました^^
変形機構も大仕掛け、って訳ではないのですが良く練られているなぁ〜と
ただただ感心するばかりでした^^


クリアパーツのフェイス、下にキットのシールを貼ったのですが、
かなり光を拾って良い感じに。
スティック状のシールド、劇中では相当カッコ良いのですが、
流石に模型だとその魅力が完全に伝えられないのは残念です。


変形後。
こちらも発表当時は『えぇ〜!!(←残念がる』だったのですが、
立体でみてみると意外と固まり感があって、良い感じ。
飛行機、とは流石に思えませんが(笑


腹部の折りたたみ形式なんて、まさにABS様様ですね。
そうそう、このキット、PCレスキットです。


もうちょっと航空機テイストを入れてみるのも面白いかも?
今回は西暦なので、今ある戦闘機のカラーを当てはめるのも面白いかも。
自衛隊仕様とか、ね(笑



本体
完全に素組みです。
一部合わせ目部分に段落ち処理、肉抜き穴を埋めたりはしていますが。
また右手は武装がしっかりもてなかったのでエポパテでしっかり馴染むような形状に空間を埋めています。
(要するにムニュ!をした、と言う事で←益々わからん^^;)
銃口はビーズを配しています。
カラー 赤・・・シャアピンク(C)
黒・・・フラットブラック(G)
灰・・・ニュートラルグレー4(G)

墨入れにタミヤエナメル塗料を使用。

と言うわけで、一発ネタでした(笑
仕込んでいる時のこみ上げてくる笑いを抑え、
言いたくてしょうがないのをグッと押さえて何とか公開までたどり着けました^^;
大なり小なり驚いてくださった方々、ありがとうございます。

また機会があったら・・・あったら・・・ね(笑


ブラウザorメニューでお戻りください^^;

-シンたろーの模型製作記Ver.5.3-